ISO9001

・ISO9001
ISO9001とは、品質マネジメントの標準規格のことをいいます。
ISO9001については様々な誤解があります。
例えば、品質マネジメントは、とにかく高品質なものをつくるためのものだという、誤解です。
また、徹底した品質管理をすることだとも考えられています。
しかし、品質管理を行なうことは、企業にとっての責務だとかんがえられることが一般的です。

ISO9001は、顧客の要求する製品、サービスを提供できるシステム管理を提供しているという認定です。
そのため、品質そのものの追求ではなく、顧客満足を目指したしくみであるといえます。
ISO9001では、プロセス監視を徹底することに重点をきます。
そのため、不良品がでた場合も想定したシステムを構築します。
一方で、不良品をゼロに近づけるようなしくみをつくります。
そうすることで、顧客満足につなげていくのです。

・ISO資格
ISOの資格には数種類あります。
ISO9001は、品質マネジメント、ISO14000は環境マネジメントシステムについての資格です。
これらの資格をとるには、講習を受講した後に、試験を受けなければなりません。
ISO規格の学習に2日、審査員としての学習が5日かかることが一般的です。
費用は、50万円ほどかかります。試験に合格後、審査員登録期間で登録することで、取得できます。

・セミナー
ISOにはセミナーも開催されています。
主に、入門者向けのセミナーと、実践・活用のためのセミナーです。
これらは、ISO、マネジメントシステムなど、ISO規格について理解を促すセミナーです。

OUT LINK

The comments are closed.